デスクワークにはつらい肩こりの症状と改善方法

デスクワークが多く、座り仕事でパソコン操作などをする方に多いのが肩こりです。
これは肩の筋肉が血行不良により固まったり、動作があまりなかったり、指先だけの仕事や姿勢の問題も出てくるものです。
肩こりの症状としては肩の重み、痛み、動かしにくさ、腕が上がらない四十肩と言うものなどがありますし、それに関係して首の凝りや頭痛などを引き起こすこともあります。
症状をとるために自分でケアするには一時間に五分ほど肩を回したり、首を回したり、肩の筋肉を緩めるストレッチなどが有効です。
また、自宅ではゆっくりとお風呂に入り筋肉の血行を良くしてからすると効果的です。
それ以外にも張り薬や塗り薬、飲み薬も有効です。
薬に頼りたくない時には整体院やマッサージ店、針やお灸などをしてもらうのもよいでしょう。
また、適度な運動やストレス発散などでも改善されることがあります。
お仕事時には正しい姿勢と適度な休憩をとる事も肩こり改善の一つになります。

肩こりの症状いろいろ

デスクワークや家事、テレビを見る、運転など同じ姿勢でいると筋肉が硬直して、血流障害を起こすことがあります。
これが一般的な肩こりの痛みの原因です。
これに対し、四十肩・五十肩とよばれる肩こりがありますが、肩を酷使した人に多く起こる症状だというわけではなく中高年によく起こる炎症ですが原因はよくわかっていません。
炎症の発症後に痛みが軽くなった後も、軟部組織が癒着して肩の可動域が制限されるのが一般的な傾向です。
血液の流れが滞ると、血液中に発痛物質という痛みをよぶ化学物質が発生し、これが慢性化すると四十肩・五十肩の原因にもなります。
体を冷やさないよう注意し、栄養バランスに気を配り、意識してストレッチを行うことで改善がみらることが多いです。
なかなか痛みがひかない時は「症候性肩こり」と呼ばれるものである場合があるので、医療機関を受診してください。
心配疾患や高血圧症、狭心症のケースもあるのです。
また眼精疲労からくることもありますし、虫歯や噛み合わせの悪さからくることもあります。

pickup

雨どいリフォームを埼玉で希望する

Last update:2019/2/25